複数のブログを一つのレンタルサーバーで作る方法【ワードプレス/Xサーバー】

知りたい人

ジャンルの違うブログが書きたいし、違うテーマも触ってみたいなぁ。

だから、あと二つくらいブログが欲しいんだけど、増やすたびに1つ目のブログと同じ費用がかかるの?

つくし

1つ目のブログの名前がついて良いなら、費用そのまま実質無料で2つ目のブログが持てます。

新しい名前で始めたいなら、新しいドメインを取得する必要がありますので、新たなドメインの維持費が加わります。

無料で作るメリットとデメリットがわかるように説明しますので、最後まで読んでみてくだい。

目次

複数のブログを一つのレンタルサーバーで作る方法【ワードプレス/Xサーバー】

1つのレンタルサーバーで、何個のブログが作れるか

レンタルサーバーがXサーバーなら、50個作れます。

一番格安のスタンダードの契約でディスクスペースが300GB、マルチドメイン、サブドメインともに無制限データベース、MySQLデータベース無制限と公式サイトにあります。

しかし、MySQLユーザーは50まで(MySQL5.0が混在する場合は、MySQLユーザー30まで)なので、50個まで(人によっては30個)は作れる計算になります。

それ以上欲しいなら、一番プランの安いスタンダードでは足りないので、上位のプランに変更する必要が出てきます。

作れるブログの種類は3つあります。

  1. 新しい名前のドメインで、全く別のサイトとして作る
  2. 種類を分けるように、内容が被らないことを第二のサイトのように、サブドメインに別サイトを作る(ブログ評価は1つ目のサイトと別)
  3. 同じ内容の話を深掘りしていくように、階層深くより詳しいブログをサブディレクトリに作る(ブログ評価は一緒)

全くの別サイト

独自ドメインを取る必要がありますから、その新しいドメインの維持費用が増えることになります。

Xサーバーは、今あるレンタルサーバーに複数のドメインを加えることができるマルチサーバーなので、費用の追加はありません。

作業は、初めてのブログを作る時と同じです。

サブドメインに作るサイト

サブドメインとは、例えば、「tatoeba.com」なら、「〇〇.tatoeba.com」というように、1つの独時ドメインの前に、名前が加わります。「△△.tatoeba.com」というように、いくつも作って行くことができます。

この時に、ブログの評価は、それぞれになり、良くても悪くても、評価は引き継ぎません。

ブログが雑多になってきた時に、専門性を高めるために、横並びに、分けて管理する時に使います。

一つのドメイン内に作っているので、現在の費用が増えることはありません

サブディレクトリに作るサイト

「tatoeba.com/〇〇/」のように掘り下げていくのがサブディレクトリです。

ブログの評価は、一つ目と同じ評価になります。

特にこの部分だけ独立させたいと思うような、同じカテゴリーだけれど、より専門性の高いブログを作りたい時に使います。

こちらも、一つのドメイン内に作っているので、現在の費用が増えることはありません

新しい名前で作りたい人は、ドメインを取り直してブログを作ります。

エックスサーバーのサブドメインにブログを作る方法(合わせてサブディレクトリ場合も)

  1. エックスサーバーの管理パネルからサブドメイン設定します。
  2. 反映されるまで時間がかかるので、使いたいテーマをダウンロードしたり、どんなサイトを作るか考えておく
  3. その後で、WordPress簡単インストールをポチッと押してWordPressをインストールします。
  4. WordPressのサブドメイン名のURLにいって使いたいテーマをアップロードする

① サブドメインの設定

まずは、サブドメインの設定です。管理画面の「サブドメイン設定」をタップします。

引用: エックスサーバーのサイトより

サブドメインの名前を決めて四角に書き込み、設定します。

引用: エックスサーバーのサイトより

反映には1時間以上時間がかかる場合があります。

「反映待ち」が消えるまで待ちます。

引用: エックスサーバーのサイトより

② 作りたいテーマをダウンロードしたりして用意しておく

今回は、無料テーマ『cocoon』で作ることにします。
(自分の好きなテーマ)

『cocoon』のサイトを開きます。(iPadで設定を行うならCHAOMEで行います。)

親と子の2つともダウンロードして準備しておきます。

どんなサイトにするか、考えておく。

③ サブドメインにWordPressをインストール

エックスサーバーの管理画面からWordPress簡単インストールをクリックします。

該当するドメインを選択します。

次の画面で、今回はサブドメインなので、赤丸のところを、今回設定したサブドメインに変更します。

サブディレクトリの場合は、青丸のところで設定することになります。
ドメインは変わらないのでドメインの設定は要りません。

これで、サイトURLにWordPressがインストールされました。

④ サイトURLで使いたいテーマをアップロードする

サイトURLの場所を訪ねると、WordPressのログイン画面が出てきますので、今まで使用していたIDのパスワードでログインします。

1つ目の時に見た真っさらなWordPressのページが現れます。

さぁ、また、一から設定しますよ。

今回は、cocoonを使いたいので、ダウンロードしていたファイルを選んで、テーマをアップロードします。

設定については、cocoonのマニュアルのページで順番に、ひとつずつ前に進みます。

まとめー 複数のブログを一つのレンタルサーバーで作る方法【ワードプレス/Xサーバー】

ワードプレス、Xサーバーで、2つ目以降のブログの作り方の記事でした。

一つ目のブログを設置した経験があれば、簡単に設定できます。

Xサーバーでいくつかのブログを作っていますが、ストレスなく動いています。

サブドメインにブログを作ると、どうしてもドメインに、初めの名前が入ってきます。

ブログの内容をブログの新しい名前で表現したい人は、ドメインを新たに取って、初めにブログを設定した時と同じ手順で設定しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる