バターコーヒーを朝に飲むダイエット方法【16時間ダイエット(プチ断食)とケトジェニック(糖質制限)】

知りたい人

16時間ご飯食べなかったら何が良いの?

つくし

通常の断食をする効果は、体の中の糖質を枯渇させた状態を継続させることで、体の脂肪細胞をエネルギーに変える体にするためです。

この効果を16時間ダイエットで期待することができるんです。

食べる時間を8時間に制限することでカロリーコントロールをしやすいという人もいます。

目次

何を期待して16時間空腹でいるのか

ご飯をいっぱい食べたら健康になると信じて生きてきたのに、ご飯を少なめにして、オイルを飲みましょうと言われる時代になりました。

この分野は、盛んに研究がなされていて、今後もいろんな情報が出てくると思われます。

食べ物や飲み物の取り方は、自分にあっていると思われるやり方を行うのがいいでしょう。

期待することは健康的に痩せやすい体になることです。

この16時間ダイエットと最近言われているものも考え方は2つあります。

①断食の効果で糖質を枯渇させて体に蓄えられている脂肪細胞をエネルギーに変える体を目指す

②取りすぎのカロリーを食べる時間8時間だけにすることによって、カロリーをコントロールすることができることができる

もっと貪欲に痩せたい人は、お腹が空いているときに、筋トレや軽い運動で筋肉を刺激して、筋肉が増えことをしてあげることです。うっかり基礎代謝以下のカロリーしか取れなくても、筋トレで筋肉を育てていれば、筋肉が枯れてくることを防げます。年齢が高くなると、短い時間の自重の無理をしない筋トレ運動がおすすめです。

バターコーヒーを朝に飲む生活の1例

昼の12時から夜20時までの8時間は自由に飲み食いしています。
だんだんお菓子の類のものも食べたくなくなります。
朝にバターコーヒーを飲むと、空腹が抑えられますので、空腹に耐えることなく、比較的楽に16時間のプチ断食をすることができます。8時間飲み食いする時間帯は、自分の生活のリズムに合わせると良いでしょう。

糖質制限につながり、材料にケトン体ができやすいMCTオイルも用いることで、脂肪が燃えやすい体作りをすることができ、徐々にケトン体が体に増え、ケトジェニックダイエットになります。

① 断食の効果で糖質を枯渇させて体に蓄えられている脂肪細胞をエネルギーに変える体を目指す

年齢が高くなったりすると、代謝が悪くなって、カロリーをあまりとらなくても痩せないということが起こります。

だからと言って、食べる量をどんどん減らして、基礎代謝を補えないカロリーしか取らない食事を続けると、生きるのに大切な筋肉を分解してエネルギーに変えてしまって、脂肪を体に蓄える体質になってしまいます。つまり、脂肪太りする痩せにくい身体になります。

仏さんのご飯くらいしか食べてないのに、どんどんブヨブヨに太ってしまうという人はこちらです。

運動で脂肪を燃焼しようとしても、長時間の運動は関節の痛みや心臓の負担になって、疲れたり痛くなったりで、若い時のように動けません。

体にたくさんある脂肪をエネルギーに変えるために、「糖質からエネルギーを得ていた生活を変えましょう」というのが、このMCTオイルも使ったバターコーヒーを用いた16時間ダイエットです。

こちらの考えの人は、オイルで取りきれていないカロリーを補って、16時間は糖質は取らないようにしましょうと話します。だから、カロリーがあっても、糖質がないものは口にしても良いのでオイルは良いのです。

栄養が足りなくなるからと、甘くて美味しい糖質が含まれている酵素ドリンクを途中で飲んだりすると狙った効果はなくなります。

栄養は必要です。食事の際には、色とりどり野菜をたくさん食べてください。無理してステーキを食べるようにしなくて良いのですが、肉や魚、大豆などのタンパク質も取るように食事をします。

バターコーヒーの中に入れるオイルの量は、食べる量では足りなかったカロリーを補うものです。

カロリーは基礎代謝より極端に少なすぎると筋肉を減らし脂肪を溜め込みやすい太りやすい体質になってしまいます。リバウンドする人は、減らすことばかり気にして、基礎代謝のカロリーを無視して食べる方をしなかった間違ったやり方をした人です。もちろん、食べている時間が短くても食べすぎれば太ります。

食べる量が本当に少ない時には、暖かい生姜紅茶を飲んで体を温めたり、にんじんジュースで栄養を補ったりするのもいいでしょう。

バターコーヒーの作り方は、下の記事を読んでください。

あわせて読みたい
バターコーヒーの作り方【3つの材料を撹拌するだけ】 【バターコーヒーに必要な3つ材料と撹拌するもの【バターコーヒーの作り方】】 コーヒー、グラスフェットバターかギー、MTCオイル です。 コーヒー バターコーヒーの...

② 取りすぎのカロリーを食べる時間8時間だけにすることによって、カロリーをコントロールすることができることができる

たくさん食べる人や外食が多い人、お菓子を食べる習慣がある人、お酒を飲む人は、こちらも読んでください。

お腹が空く前に食べ物を胃に放り込んでいた人は、胃が多くの食べものを欲するようになっています。

単純に食べ過ぎなので、8時間しか食べないと決めると、食べる量は減ります。睡眠時間ををの16時間に含ませると、がんばれない時間じゃないことと、8時間は何を食べても良いということにしたら、ストレスがないし、ダイエットもできていると自己評価も上がって、精神的にも肉体的にもとても良いダイエットになると言います。

カロリーを気にするこの考え方の人は、バターコーヒーは取り入れないほうがいいです。なぜなら、オイルはカロリーが高く、「16時間カロリーを取らないようにして、8時間だけカロリーをとる生活にする」という考えから外れるからです。

オイルやナッツもカロリーが高いです。カロリーのある酵素ドリンクも同じです。16時間、カロリーのあるものを避ける考えの16時間ダイエットを支持してきる人は、全て時間内に収まるように飲食する方が良さそうです。

注意すべき点は、基礎代謝に見合うカロリーを取ることです。ダイエットだからと張り切って、8時間の間もカロリー制限してしまうと、筋肉が落ちて脂肪を溜め込みやすい体質になり、頑張りすぎて継続できなくなって、リバウンドで余計に太ったりするので注意してください。

全ての時間をカロリー制限や糖質制限をする厳しいダイエットを行うには、栄養を補い、筋トレなどの運動やプロテインなどのタンパク質の補給など筋肉を減らさない方法を考えるなど、別のダイエットです。一つのダイエットは健康を損なわないように考えられている方法ですから、ごちゃ混ぜにして考えない方が良いのです。

16時間ダイエットと混乱しやすいもの

一食の食事を、カロリーの低い食事に置き換える、代替えダイエットは、16時間ダイエットではありません。

しかし、今よりもカロリーを減らす助けになったり、胃の負担を減らしたりとそれぞれの利点があります。

  • 糖質もカロリーもあるが栄養はあるがカロリーなどが抑えられた酵素ドリンクを飲む
  • スムージーのような生の野菜や果物のジュースを飲む
  • おかゆやおもゆをご飯がわりに置き換える。

流行りの16時間食べないという断食の効果だけが、健康的に痩せられる方法ではありません。

取りにくい栄養が取れるとしたら、巷で言われているプチ断食をねらっての16時間ダイエットではありませんが、結果1日の取る総カロリーを減らしたいと考え、そうなっているのであれば、結果として狙いは叶っているのではないでしょうか。

もしも、置き換えで市販の酵素を使うときの参考にしていただければと思いますが、私がたまに飲む酵素ドリンクは、国産の野菜が中心で無添加のもの、トップアスリートが使用しているものを選びます。

16時間ダイエットをしていたら、胃袋が小さくなって、大食いしなくても良くなりますので、プチ断食しない日は、一食は酵素ドリンクにしている時もあります。

私が使用している酵素ドリンクはこちらです。健康的に痩せたいと思っている方は、覗いて酵素の作り方をみてみてください。断食の専門家が開発!原液100%の酵素ドリンク【優光泉(ゆうこうせん)】

バターコーヒーを用いる方法は、空腹を感じにくく、楽で、体調が良く、コスパも良く続けやすいです。一年のうち2/3は16時間ダイエットをしています。

16時間ダイエットは毎日必ず行っているわけではありません。でも、それで良いのです。

お粥も結構食べます。

あわせて読みたい
おかゆを食べて良かった5つの利益【粥有十利(しゅうゆうじり)】 【おかゆを食べて良かった5つの利益【粥有十利(しゅうゆうじり)】】 私が、おかゆ生活を始めたのは、体に良いからとか、粥有十利(しゅうゆうじり)を知ったからでは...

糖質制限とケトジェニック
糖質制限とは、一回の食事や1日の食事の糖質を少なく制限して、他の栄養でカロリーを補う方法です。

ケトジェニックとは、もともと糖尿病患者の食事で開発された、エネルギー源を脂肪を分解してできるケトン体で用いる体になるように体質改善することです。糖質を少なく制限して、なるべく良質なオイルでカロリーを補い体にケトン体が多くある状況にする方法です。

病歴のある人や治療目的の人は、主治医に相談してください。

【参考になる本】『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』=バター珈琲による16時間ダイエット(プチ断食)と『ケトン体が人類を救う』=ケトジェニック(糖質制限

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』=バター珈琲による16時間ダイエット(プチ断食)

世界のミリオンセラー本と共に全世界に広がったバターコーヒー。

本の帯には、『IQ 集中力 気分 美醜 健康 体型…一度の食事で、ここまで体は反応するのか!』と書かれており、さらに『脳科学から栄養学、生化学で最新の知見を網羅 NYからシアトルまで、全米の食生活を変えたベストセラー!』と謳っています。

内容も衝撃的で、朝のヨーグルトは太るとか、カロリー制限では痩せられないとか、低炭水化物ダイエットは口から入る食品のカビを減らせるから効くとか、冷や飯が腸内の善玉菌を育てるとか、ダイエットの食事に関するテレビ番組のネタは今でもこの本ではないのか?と思うくらい本の内容です。

痩せたい。食後高血糖の体質改善をしたい。がんになりたくない。歳をとっても健康でシュッとしていたい。美味しいものを食べたい。そんな贅沢な願いを叶えてくれるヒントが、この本にはあります。

糖質制限の火付け役ともなった原点とも言えるこの本、興味のある方は、一度、読んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』のレビュー(ネタバレあり) 我慢しないで食べすぎないようになりたいなぁストレスなく続けられるダイエット方が知りたいなぁ 『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』を読...

『ケトン体が人類を救う』=ケトジェニック(糖質制限)

私がバターコーヒーにたどりつくきっかけになった本があります。『ケトン体が人類を救う』

中年太りと、親をがんで失ったことで血縁に死因ががんの人が多いことがわかり、自分の体質もそうではないかと、体質改善を考えて本を読み漁っていた時に出会った本です。

朝食がわりに取り入れて体重のコントロールに役立っています。

私の場合は、朝食をバターコーヒーにして、お昼13時から21時までは、基本的に、好きなものを食べていますが、空腹からの初めの食事は、なるべく食物繊維のあるものを食べ、ご飯が食べたい時にはお粥からスタートしています。

朝のバターコーヒーには、糖質が含まれていないので、私が狙っている、決まった時間、糖質を取らない断食を継続していることになるのです。

あわせて読みたい
『ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~/宗田 哲男 』のレビュー(ネタバレあり)中年... 痩せたい!脂肪が燃えやすい体に興味があるんだけど、わかりやすい本ないかな? 『ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~/宗田 哲男 』という糖尿病の...

糖質を少なくなるように制限することは身体に悪いのか?【バター珈琲による16時間ダイエット(プチ断食)とケトジェニック(糖質制限)】

かつて、お医者さんでも賛否両論の意見があり、糖質制限食は身体に良いのか悪いのか、専門家でも真っ二つに分かれて議論されていました。しかし、糖質を低く抑えることは多くのメリットがあると現在は考えられています。

2018年北里研究所病院 糖尿病センターの山田医師による論文『適正な糖質摂取についての考察』の論文を紹介して、その回答としたいと思います。

栄養学は過去 4 0 年の常識が逆転した。かつて、油脂の摂取は動脈硬化症の、蛋白質の摂取は腎機能低下の懸 念があり、それらの摂取を最少にして、残りを糖質で摂取することがよいエネルギーバランスと考えられていた。 しかし、現在の栄養学にそのような概念はない。

引用元 : 適正な糖質摂取についての考察

糖質制限食は身体に悪くない

2018年北里研究所病院 糖尿病センターの山田医師による論文『適正な糖質摂取についての考察』の論文を読み進めると、世界の糖質制限食の報告の蓄積で、1日な糖質摂取量を120〜150g以下にすることで、メタボリックシンドローム、認知症、見た目のアンチエイジングなどへのメリットをもたらす期待を明記しています。

「世界的に糖質制限食の位置づけを肥満治療あるい は糖尿病治療の第一選択肢に押し上げたのがA to Z試 験 48) と DIRECT 試 験 49) で あるが、これらの試験で採用 された糖 質 制 限 食 は、Atkins 食であった。これは、初 期 には1日20gまで糖質摂取を制限し、その後は1日120g まで糖質摂取を緩和するという糖質制限法である。」

日本人を対象とした無作為比較試験は、この北里大の山田医師たちによるもので、1日130gの糖質制限指導がエネルギー指導よりも血糖値や体重の改善に優れているとの報告がなされています。

hbac1の改善には、緩やかな糖質制限食よりも極端な糖質制限食のほうが優れているようです。

山田医師は、継続性の観点から、日本人は穏やかなロカボ(糖質制限)が良いのではないかと考えているようで、現在の日本人の糖質摂取量260〜300gを半分にすることから始めようとしています。

脂は身体に悪くない

脂質に関しては上限なし、糖質制限食に関しては糖尿病治療の第一選択肢で推奨するようになりました。PURE試験では、5大陸18カ国の観察研究で脂質摂取の多い集団の方が総死亡率が低い報告がられており、避けるべき脂質は古く傷んだ脂質と人工的な油脂(トランス脂肪酸)のみです。

たんぱく質は身体に悪くない

たんぱく質を制限しても腎機能の保護にならないとも言っています。こちらも、腎臓病患者でのそして、長い間、アンチエイジングや糖尿病の食事療法として、エネルギー制限食が中心的な役割をしてきました。

メタボの予防や治療としては有効でしたが、糖尿病患者や健常者では骨密度や筋肉量が低下したり貧血になったりと問題報告もあったといいます。

このように、近年、大幅に変化している健康な栄養素の取り方が大きく変わっています。

糖質の量、糖質の低GI食という質、糖質は最後に食べる順番の食事様式を支持する論文報告があり、それらを観点に、糖質摂取の方法を認識し実践することで、「美味しく楽しく食べて健康に」なって欲しいとされています。

バターコーヒー飲むんじゃ、断食にならないんじゃないの?【16時間ダイエット(プチ断食)とケトジェニック(糖質制限)】

バターコーヒーは飲むだけではダイエットになりません。プチ断食が容易にやるようなサポート役として使うことが大事です。

主婦の友社から出ています清水医師の監修した『糖質オフとプチ断食のW効果でやせる!不調が消える!』という本もあるように、朝に糖質を取らず、バターコーヒーを飲むだけならプチ断食になります。

本格的な断食が身体に良いことはわかっていますが、何日も断食しながら、日常生活を送るには、ハードルが高すぎます。

短時間、胃や腸を休ませるプチ断食は、身体に負担をかけにくく、取り組みやすいです。しかも、朝食をバーターコーヒーに置き換えるだけですので、オイルは腹持ちが良く我慢は必要ありません。

納得してからはじめたい人は『最強の食事』『ケント体が人類を救う』の本を読んでからが良いと思います。

バターコーヒーだけなら糖質が入っていないのでプチ断食は成立しますが、コーヒーに砂糖を入れたり、クッキー一枚追加したりすると断食にはなりません。バターやMCTオイルの量を変えるだけなら大丈夫です。

夜の9時まで自由に飲み食いして、朝にバターコーヒーを飲んで、13時の昼食まで一定時間糖質を取らないというように、自分の生活のリズムに合わせて、睡眠時間とバターコーヒーを組み合わせて、意思の力に頼らなくても、楽に16時間のプチ断食をすることができます。

バターコーヒーの材料にMCTオイルも用いることは、脂肪が燃えやすいケトン体をエネルギーにできる体にするためで、ケトンジェネックダイエットにつながり、結果糖質制限をしていることになります。

バターやMCTオイルを取る時に注意する点【バター珈琲による16時間ダイエット(プチ断食)とケトジェニック(糖質制限)】

『ケトン体が人類を救う』の本にも書いてありますが、脂質を全く取っていない人が、急に取りすぎると胃や腸がびっくりして気持ち悪くなり不調を招きます。

私の場合、もともと腸が弱いので、オイルが一定量を超えると下痢になり、少なすぎるとお腹が減ります。ちょうど良いところには個人差があります。

まとめ【バター珈琲による16時間ダイエット(プチ断食)とケトジェニック(糖質制限)】

糖質の影響で、食後の血糖値が急上昇していて、昼ごはんの後に猛烈な眠気に襲われていました。

バターコーヒーを用いて16時間ダイエットはじめると、それが全くなくなり、昼ごはんも糖質制限を意識した食事をすると、眠くならずに頭が回転するようになりました。血糖値が急上昇する私と似たタイプの人は、すぐに実感できるでしょう。

バターコーヒーを飲んでから、体重がコントロールしやすくなったことに加えて、冬に足に粉がふいて痒くなるような乾燥肌で困ることが減りました。保湿剤を忘れるくらいに調子が良くなりました。首のシワシワも緩和してます。

痩せたいのなら、軽く汗をかくような体温を上げる運動と筋肉を鍛える運動を合わせるとより良いです。

16時間ダイエットは、かつて流行った8時間と決めて食事をするダイエット法と言葉を変えただけの同じことです。

空腹時間ができることで、胃腸がリセットされて新たにスタートできます。一日おきでも、週末だけでも、定期的に行うことはメリットしかありません。継続できそうな、自分のペースで行うことが大事です。

食事と運動で、血流をよくして健康年齢を保ちましょう。

あわせて読みたい
バターコーヒーの作り方【3つの材料を撹拌するだけ】 【バターコーヒーに必要な3つ材料と撹拌するもの【バターコーヒーの作り方】】 コーヒー、グラスフェットバターかギー、MTCオイル です。 コーヒー バターコーヒーの...

狭義の断食は全ての飲食を断つことだが、広義はさまざまな意味として使われている。

さらにプチ断食は、時間や口にして良いものを効果が現れる程度なら許されるとして、話す人によって意味が違うので、正しいとか間違えとか語るのは不毛な気もするが…

最近では、カロリーがあるものは飲み物であっても断食の継続ではないとの考えの本が出てから、朝のバターコーヒーを取ると、断食はそこで終了してしまうと説明するサイトが増えてきている。

そもそも100gの抽出液であるブラックコーヒーは、カロリーが少ないが4calあるので、どの程度まで大丈夫で、その根拠は何かがわからない。(参考/文部科学省の食品データベースより)

朝のバターコーヒーは、空腹で耐えきれない状態を緩和してくれるとこと、断食で期待されるケトン体が早く出るMTCオイル摂取がしやすくて飲む飲み物だ。

断食の効果として、ケトン体からエネルギーを生み出したいわけでないのであれば、MTCオイルは必要ないし、アーユルベーターの力の助けが必要なれればギーも必要ないだろう。欲しい効果に応じて取り入れたら良い。

created by Rinker
MANUKA HEALTH NEW ZEALAND
¥2,455 (2021/10/27 03:06:14時点 Amazon調べ-詳細)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる