プチ断食中にMCTオイル入りバターコーヒーを朝に飲むダイエット方法【16時間ダイエット】

知りたい人

16時間ご飯食べなかったら何が良いの?
なんでバターコーヒーなの?
MCTオイルって入れなきゃダメなの?

つくし

16時間など時間でプチ断食をすれば、体の中の糖質を一度枯渇させることができます。

前に食べた分を消費しないうち食べ続けると、残った分を体に脂肪として蓄えて体重が増えます。

それを防ぐために、プチ断食は有効です。
プチ断食は体質が変わるまである程度の継続が大事で、毎日続けることができるものです。

バターコーヒーは、断食を中断させることなく空腹が紛れます。草しか食べていないストレスのない状態で育てられた牛の乳が原料のグラスフェッドバターやギーで作ったバターコーヒーは、栄養価も高くてクリーミーで美味しいです。

MCTオイルは消化が早くエネルギーになろうとするオイルなので、溜まっていた体の脂肪細胞をエネルギーに変えることを誘発します。
体に溜まっている脂肪を分解しやすくするために入れて飲むのです。

疑問を一つづつ、もう少し詳しく説明しますね。

興味のある項目を読んでみてください。

目指すのは「健康的な体重になって、余分な脂肪を蓄えない、脂肪が燃えやすい体になること」です。

目次

16時間ダイエット(プチ断食)【朝にMCTオイル入りバターコーヒーを飲むダイエット方法】

16時間ダイエットの考え方は2つ

①断食の効果で糖質を枯渇させて体に蓄えられている脂肪細胞をエネルギーに変える体を目指す
②食べる時間8時間だけにすることによって、食べ過ぎを減らすことができる

プチ断食の効果

16時間など時間でプチ断食をすれば、今ある体の中の糖質を一度枯渇させることができます。

余分な糖質は、体に脂肪として蓄えて残っていきます。
前に食べた分を消費しないうち食べ続けると、残った分はどんどん貯まって、体重が増えます。

枯渇した細胞は、蓄えていた脂肪を分解してエネルギーにします。

それをさせるためにプチ断食を言われる16時間ダイエットを行います。

低血糖のなどの危険が伴う何日にもわたる断食(ファスティング)とは、異なり、体をだんだん慣れさせて体質を変えていくものなので、ある程度の継続が大事ですし、ずっと継続できるものです。

プチ断食を呼ばれている「間欠的ファスティング」は海外でも多くの研究がなされて、いろいろな論文が出ています。

断食(ファスティング)とは何か

断食(ファスティング)とは、全ての飲食を断つことですが、最近ではさまざまな意味として使われています。

さらにプチ断食は、食べない時間や口にして良いもの許される範囲が、話す人によって流動的です。糖質がほどんどないもので固形でないものはOKで、固形物や糖質が増えてしまうものはNGと覚えておきましょう。

そもそも100gの抽出液であるブラックコーヒーは、カロリーが少ないですが糖質は4calあります。どの程度まで大丈夫なのかは分かりませんが、まぁその程度ならいいでしょうという程度に考えます。一回の飲み物で5g程度なら良いということでしょうか。固形物は断食とは言い難いです。(参考/文部科学省の食品データベースより)

朝のバターコーヒーは、空腹で耐えきれない状態を緩和してくれます。断食で期待されるケトン体が、MTCオイルをプラスすることで脂肪が燃えやすい体が期待できます。

体に不調が現れたら【頭痛やめまい、吐き気、下痢、腹痛など】

低血糖など

糖質中心の食生活の人やおやつなどの間食が多い人は、16時間でも体が負担を感じてしまい、低血糖の症状が出てしまう人がいます。(頭痛やめまい、吐き気など)

症状が出たときには、時間が短くても断食を中断して、何か食べてください。

また、女性は生理もあり、体質的なことから、12〜14時間くらいでも良いと言う論文もあります。

個人差があるので16時間にこだわらなくても良いのです。10時間以上行うと効果が現れ始める研究もあります。

体質は少しづつしか変わりません。少ない時間から始めて、最大限の恩恵を得られると言われている16時間にだんだんと近づいていけば良いのです。

オイルの消化不良

体質によって脂質をあまり取っていない人が、急に取りすぎると胃や腸がびっくりして気持ち悪くなり不調を招く場合があります。

少ない量から始めましょう。

下痢になる人はオイルの量が多すぎます。少なすぎるとお腹が減ります。
ちょうど良いところには個人差があります。

バターコーヒーを飲む理由【朝にMCTオイル入りバターコーヒーを飲むダイエット方法】

バターコーヒーを飲む理由

空腹が紛れて、断食を中断させない飲み物だからです。

ご飯をいっぱい食べたら健康になると信じて生きてきたのに、ご飯を少なめにして、良質のオイルを飲みましょうと言われる時代になりました。

牧草しか食べていないストレスのない状態で育てられた牛の乳が原料のバターをグラスフェッドバターと呼びます。

それをさらに煮詰めて水分や不純物を取り除いたものがギーです。

それらを材料に作ったものを「バターコーヒー」と言います。

有塩のバターや味は変わらないから無塩バターなら良いと言うものではありません。

バターコーヒーは栄養価も高く糖質が含まれていないので、今回狙っている「健康的な体重になって、余分な脂肪を蓄えない、脂肪が燃えやすい体になること」の断食を中断させません。

プチ断食は、目的によって食べたり飲んだりしても良いと言うものが違う場合があります。自分が行っているのは何かを把握して、その方法に従ってください。

似たようなさまざまなプチ断食を用いたダイエット方や体質改善法がありますので、どれかわからなくなっている人は、こちらの記事を読んでみてください。

バターコーヒーの作り方

作り方が知りたい人は、こちらの記事をどうそ。

あわせて読みたい
めっちゃ簡単!美味しい本格バターコーヒーの作り方【コツは撹拌】 【必要な3つ材料【美味しい本格バターコーヒーの簡単な作り方】】 コーヒー、グラスフェットバターかギー、MTCオイル です。 コーヒー【美味しい簡単本格バターコーヒ...

バターコーヒーを飲むだけでは痩せない

バターコーヒーを飲むだけではダイエットになりません。
16時間のプチ断食が容易になるようサポートとして飲みます。

主婦の友社から出ています清水医師の監修した『糖質オフとプチ断食のW効果でやせる!不調が消える!』という本もあるように、朝に糖質を取らずバターコーヒーを飲むだけでもプチ断食ができます。

本格的な断食が身体に良いことはわかっていますが、何日も断食しながら、日常生活を送るには、ハードルが高すぎます。短時間、胃や腸を休ませるプチ断食は、身体に負担をかけにくく、取り組みやすいです。しかも、朝食をバーターコーヒーに置き換えるだけですので、オイルは腹持ちが良く我慢は必要ありません。

この時、バターコーヒーだけなら糖質が入っていないのでプチ断食は成立しますが、コーヒーに砂糖を入れたり、クッキー一枚追加したり、糖質のあるものを飲んだり食べたりすると断食にはなりません。バターやMCTオイルの量を変えるだけなら大丈夫です。

MCTオイルを入れる理由【朝にMCTオイル入りバターコーヒーを飲むダイエット方法】

MCTオイルの効果

糖が枯渇するともっと糖を摂るように、空腹感を増したりして食べるような行動をとるように脳に働きかけますが、それでも食べ物が入ってこないと、大切にしていた蓄えている脂肪を分解し始めます。

この間が、「お腹が空いたーなんか食べよーよ」と脳が言ってくるので辛く感じます。

MCTオイルは、消化が早くエネルギーに使用できるケトン体になりやすいオイルです。

材料に脂肪細胞が分解してエネルギーに変えることができる体ができやすいダイエットは、糖質ダイエットの一つでケトジェニックダイエットと言います。

食事ができる時間帯で、糖質を抑える食事を摂れば、より本格的なケトジェニックダイエットを同時に行うことができますが、それは継続してプチ断食ができるようになった次の段階の話です。

さっさと消化されて、脂肪を減量にしたエネルギーが造られ出すと、苦しい期間が少なくて済むことと、脂肪からエネルギーにしていいのだと体が早く覚えてくれます。

このように、体の脂肪細胞をエネルギーに変えてくれることを誘発するので、体に溜まっている脂肪を分解しやすくするために入れて飲みます。

オイルは良質のものを使う【MCTと書いてあったらなんでも言い訳じゃない】

オイルの中には、積極的に取った方が良いMCTオイルは材料や作り方で変わってきます。

バターも同じですが、どれでも同じわけではありません。

パームヤシではなく、ココナッツを減量にして、化学的な溶剤を用いない、低温で造られたものを選ぶようにしましょう。

MCTオイルはココナッツからできていますので、バターが苦手な人は、バターが持つ栄養価などの恩恵は受けられませんが、MCTオイルだけのコーヒーでも空腹を紛らわせることができます。

どんなMCTオイルが良いのか興味のある方は、こちらの記事を読んでください。

朝に飲まなきゃダメ?【朝にMCTオイル入りバターコーヒーを飲むダイエット方法】

自分の生活に合った方法で、カフェインが睡眠の影響を受けない、空腹を紛らわせたい時間で飲んでください。

16時間連続して食べない時間を作って継続させるためには、その人の生活のリズムに合わせる必要があります。

睡眠時間を8時間をして、前後に2〜4時間くっつけて16時間の断食時間を設けて、残りの時間で1日の食事を取ります。

動かせない時間から逆算していくと1日のスケジュールが組み立てやすいです。

朝起きて、朝を抜いて昼ごはんまでの空腹時間を楽に過ごしたい人は朝がおすすめです。

睡眠の前にバターコーヒーを持っていくと、コーヒーのカフェインの影響が睡眠の妨げになることが懸念されます。

睡眠はダイエットにも体質改善にも健康にも、とても大事なので、睡眠を妨げない時間で飲みましょう。

断食の時間は水のみで、食事の時間にバターコーヒーを飲むと言うのは大賛成です。

<例>睡眠時間は8時間確保、飲食の時間は8時間、水分補給はなるべく水か白湯

効果がない人へのチェック事項【朝にMCTオイル入りバターコーヒーを飲むダイエット方法】

16時間の中で、バターコーヒーや水、お茶などの他のものを食べたり飲んだりしていませんか?

アルコール

ビールや日本酒、ワインなど、糖質の多いものを16時間の中で飲んでいませんか?

アルコールはなるべく食事して良い時間内にしましょう。
少なくても寝る前の2時間前には飲み終わりましょう

甘い飲み物

飲みものでも、糖分を加えたものは食事のできる範囲内で取りましょう。

糖を摂っている時間は、この方法の断食ではありません。

水や甘くないお茶以外どうしても飲みたい時は、MCTオイル入りバターコーヒーだけにしてください。

固形物を食べている

他のダイエットでいいと言われている食べ物を食べていませんか?

食べていい固形物は、この方法の断食にはありません。

成分の問題ではありません。
固形物を分解することをしない時間を作って腸を休ませたいからです。

それをしないために、MCTオイル入りバターコーヒーを飲みます。

睡眠はとっていますか?

できれば8時間、年齢や体質によって異なりますが、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

消化も脂肪の分解も体質改善も、寝ている間に多く行われます。

起きて活動している時間体は、どうしてもそちらが優先してしまうので、体がリセットする睡眠時間を取らないと痩せることができません。

1日の必要なエネルギーをとっていますか?

カロリーは基礎代謝より極端に少なすぎると筋肉を減らし脂肪を溜め込みやすい太りやすい体質になってしまいます。リバウンドをする人は、減らすことばかり気にして、基礎代謝のカロリーを無視して飢餓が続けば、食べないと死にますから、食欲を増して、次の飢餓に備えて、たくさんの脂肪を体に蓄えておこうとします。

8時間の中なら、どれだけ食べても良いと思っていませんか?

16時間プチ断食をしても、残りの時間で食べすぎれば太ります。

8時間内なら無制限になったのではなく、1日に必要なエネルギーの食事をしっかり食べてください。

自分の1日のエネルギー量がわからない人は、こちらの記事を読んでください。

あわせて読みたい
自分はどのくらいエネルギーをとったらいいのか?【糖質制限でも流動食でも同じ】 【健康的な食事とは【糖質制限でも流動食でも自分にあったエネルギーをとる】】 健康的な食事とは、自分の基礎代謝にあったエネルギーをとる食事です。ビタミンやミネラ...

急激に痩せてきた人への注意事項【朝にMCTオイル入りバターコーヒーを飲むダイエット方法】

1日に必要なカロリーを栄養を考えた食事をしていますか?

ルールを守って、体重が減っているのは、順調な証拠です。

空腹も慣れ、体重が減っていって、もっと減らしたいと、食べる量を独自の判断でどんどん減らす人がいます。それは、やめましょう。

基礎代謝を補えないカロリーしか取らない食事を続けると、生きるのに大切な筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます。

また、次にいつ食事が与えられるか生命の危機感を持った体は、足りない食べ物から搾り出してでも飢餓に備えて脂肪を体に蓄えようとします。太りやすく痩せにくい体質になります。

目指しているのは「健康的な体重になって、食べても余分な脂肪を蓄えない、脂肪が燃えやすい体になること」で、食べることをやめて痩せることではありません。食べ出したらあっという間にリバウンドします。太りやすく痩せにくい体質に変化した人は、スタート時の体重を超えます。

食べないダイエットが体に良くないと言われるのはこれが理由です。

栄養は必要です。16時間のプチ断食のあと、食事の際には、色とりどり野菜をたくさん食べましょう。肉や魚、大豆などのタンパク質も積極的に取る食事をしましょう。

水分はなるべく水か白湯で取ります。

筋肉は痩せていませんか?

食事

食事のたんぱく質の量は足りていますか?

たんぱく質が足りていないと筋肉になる材料がなくなります。

野菜の栄養と同じくらいたんぱく質の量は気にしましょう。

その他の栄養は取れていますか?

少なくて良いから筋トレ

座ってばかりで体を動かさないと、脂肪だけでなく筋肉も分解して痩せてしまいます。

筋肉は大事です。トイレに行ったついでに、何度か余計に立ったり座ったりの簡単なスクワットでも良いので、筋トレもするようにしましょう。

筋トレで筋肉を育てていれば、筋肉が枯れてくることを防げます。

栄養

年齢が高くなって、量が食べられなくなって栄養が心配な人は、酵素やビタミンなど、食事以外のものから栄養をとることも考えましょう。

食べ物だけから栄養を取ろうと思うとメニューも食べる量も経済的にも大変です。

たんぱく質補助にプロティン、ビタミンの補助に天然の食べ物から作られているの酵素やビタミン剤を材料や作り方を吟味して納得したものを取り入れるのも良いでしょう。

プロテインに興味のある方は、こちらの記事も読んでみてください。

エネルギー不足や栄養不足が気になる人は、こちらの記事を読んでみてください。

私がたまに使用している酵素ドリンクはこちらです。興味のある方は酵素の作り方をみてください。断食の専門家が開発!原液100%の酵素ドリンク【優光泉(ゆうこうせん)】

まとめー16時間ダイエットのプチ断食中にMCTオイル入りバターコーヒーを朝に飲むダイエット方法

16時間ダイエットのプチ断食でできることは

  • 断食の効果で糖質を枯渇させて体に蓄えられている脂肪をエネルギーに変える体を手に入れる
  • 食べる時間8時間だけにすることによって、食べ過ぎを減らすことができる

「MCTオイル入りバターコーヒー」を飲む理由は

  • 空腹を紛らわすため
  • 脂肪をエネルギーにかえやすくする

継続しやすい1日のリズムは、朝に「MCTオイル入りバターコーヒー」を飲む方法

例えば、6時に起きなくてはならない人は、8時間睡眠にあてて寝るのは22時です。
食事は朝ごはんを抜いて、ランチから始めるとしたら、12時から20時の間に食事をします。
朝ご飯がわりに、8時にバターコーヒーを飲みます。

自分のライススタイルに置き換えてスケジュールを組んでみてください。にバターコーヒーを飲むと空腹が抑えられますので、空腹に耐えることなく比較的楽に16時間のプチ断食をすることができます。

飲み食いする時間帯は、自分の生活のリズムに合わせると良いでしょう。

さらに

バターコーヒーを取り入れた16時間のプチ断食が継続できるようになり、さらに体重の減少を望んでいたり、どんな方法を行なっていようとも必ず訪れる停滞期を抜けたいと思ったりした時には、ケトジェニックダイエットも合わせて行なっちゃいましょう。

8時間の中で取る食事を糖質制限を意識して食べるとケトジェニックダイエットにつながります。

エネルギーとビタミン、ミネラル、タンパク質はしっかり取らなくてはならないので、ただ糖質を全部抜いてしまうような危険なことだけはしないでくださいね。

しっかり調べて、行なってください。

糖質制限とケトジェニック
糖質制限とは、一回の食事や1日の食事の糖質を少なくして、他の栄養でカロリーを補う方法です。

ケトジェニックとは、もともと糖尿病患者の食事で開発された、エネルギー源を脂肪を分解してできるケトン体で用いる体になるように体質改善することです。専門家の指導のもとおこないます。糖質を極端に少なく制限して、なるべく良質なオイルでカロリーを補い体にケトン体が多くある状況にする方法です。

病歴のある人や治療目的の人は、主治医に相談してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる