オリンピック東京大会 空手女子組手(-61kg級)代表の染谷真有美選手はどんな選手か

目次

基本情報【オリンピック東京大会 空手女子組手(61kg級)代表の染谷真有美選手】

引用元/公益財団法人 全日本空手道連盟公式サイトより

生年月日 1993/05/30 (2021年6月現在 28歳)
体格 162センチ
出身 茨城県出身
所属 テアトルアカデミー
出身校 花咲徳栄高校、帝京大学
流派 大学所属の間は、大学の流派つまり、帝京大学は松濤館流の指導者なので、松濤館流の空手を学んでいたことになります。
WKFランキング 11位
2018・19年 WKF KARATE1 プレミアリーグ東京大会 銅メダル
2014・15年 WKF KARATE1 プレミアリーグ沖縄大会 金メダル(2年連続)
2015年 全日本学生空手道選手権大会 優勝
(兄・隆嘉さん、姉・香予さんと3兄弟全員が学生日本一)

どんな組手【オリンピック東京大会 空手女子組手(61kg級)代表の染谷真有美選手】

染谷選手の組手の特徴は、技に伸びがあることです。

特に、上段逆突きが圧巻で、遠くにある拳が、相手の喉元目掛けて真っ直ぐ伸びて突き刺さる様に注目して観戦しましょう。

まとめ【オリンピック東京大会 空手女子組手(61kg級)代表の染谷真有美選手】

中学高校と、形の選手としても全国大会に出る実力者。

姉妹でオリンピックに出ることを夢見ていた染谷選手。残念ながら、お姉さんは今回のオリンピックには選手としては出場できませんが、お姉さんのサポートを受けながら、実力を十分に発揮して活躍してほしいです。

応援しています!染谷真有美選手!頑張ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる