オリンピック東京大会 空手男子組手(-75kg級)代表の西村拳選手はどんな選手か【流派、身長】

目次

基本情報【オリンピック東京大会 空手男子組手(-75kg級)代表の西村拳選手】

引用元/公益財団法人 全日本空手道連盟公式サイトより

生年月日 1995 /12/31(2021年6月現在 25歳)
身長 180センチ
出身 福岡県出身
所属 株式会社チャンプ
出身校 宮崎第一高校、近畿大学
流派 和道流
WKFランキング 5位(-75kg級)
2018年 WKF世界空手道選手権大会 銅メダル
WKF KARATE1プレミアリーグ 優勝5度
2019年 AKFアジア空手道選手権大会 金メダル
2011~2020 全日本空手道連盟ナショナルチームメンバー(10年連続)

西村選手のインスタ

どんな選手か【オリンピック東京大会 空手男子組手(-75kg級)代表の西村拳選手】

端正な顔立ちとお洒落であることから、メディアからは空手界のプリンスと呼ばれている西村選手は、世界選手権優勝経験のある父・誠司氏のもとで小さい頃 から空手を習っています。

空手界のトップスター、165cmの小柄で圧倒的なスピードと変則的な動きで世界を魅了するアガイエフ(アゼルバイジャン)選手を中学生の頃から憧れている西村選手は、今ではその憧れるアガイエフ選手と世界大会で対戦し勝利しています。

長い手足と、ノーモーションで飛び込むタイミングの良さ、柔らかいに股関節を生かした接近戦での裏回しは美しく圧巻です。

まとめ【オリンピック東京大会 空手男子組手(-75kg級)代表の西村拳選手】

西村選手の接近戦では届かないと思われる距離から上段の裏回しを行えます。警戒されて、美しい蹴りが見られるチャンスは減っていますが、西村選手の足技は天下一品です。

30秒トレーニングの動画をみたら、蹴り技の凄さを実感してもらえるのではないでしょうか。

オリンピックで期待しています!西村拳選手!頑張ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる