大人から空手を習う【年齢性別関係なく黒帯を目指せ】

空手を習い始めるのに遅いことはありません

空手の名人達人の型の演舞が掲載されている重要文献と名高い『空手道大観』の序文には次のように書いてあります。『空手は子供でも老人でも、男でも、女でも、誰でも稽古出来る。空手の稽古は、各自の体力応じて、激しくも軽くも自由である。空手の稽古は、狭いところでも、広いところでもいっこうにさしつかえない。空手の稽古は、朝でも昼でも晩でも、ちょっとの時間でよろしい。要するに空手は鍛錬法としても、健康法としても、護身術としても、最も理想的である。』

空手を始めるのに遅いことはありません。女性でもです。

やってみたいと思う気持ちがある人はやってみた方が良い

これは、空手をすることだけに限らないのですが、やりたいことをやろうかどうしようか迷う時というのは、失敗したらどうしようとか、誰かに笑われたら恥ずかしいとか、うまくいかなかったときのことを想像して恐怖を覚えてしまっている時です。

やりたいことはやった方が良いのです。やりたいことをやる許可を自分に与えた方が良いのです。欲しいものを欲しいという気持ちも、わがままをいうことも許可してあげたらいいのだそうです。もちろん、誰かに迷惑をかけたり傷つけたりして良いということではありません。

人は「安定」を求めるそうです。特に男性はその傾向が強いと言います。もしそうなら、女だったら、えいやーとやれるのかもしれませんね。

迷った時には、子供や親友が同じことで悩んでいたら、どうアドバイスするか考えたらいいと言います。死ぬときに悔いが残るのは心残りがある時だと言います。やれることはやったという気持ちは不完全燃焼の気持ちを減らし人生に後悔を残さない生き方につながります。

人生に悔いを残さないためにも、ずっとやってみたくてできなかったことを思い出したのであれば、今したら良いのです。

参照:心理カウンセラーの根本裕幸さんのオフィシャルブログより

40や50代が初心者で始めて黒帯を取ることは珍しくはありません。

初段だけにとどまらず、二段三段と挑戦を続けている人が身近に何人もいます。

40代後半で始める人、還暦前後で初めて黒帯を取った人、最近はプライバシーの問題があるのか、習いに来る人の年齢がわかりません。年齢によってかける負荷のスタートが変わるから、そのプライバシーとか言ってオープンにしないことがプラスに働いているかわかりませんが、自分の責任逃れには役立つ技なのでしょう。

嫌なら他所に行けと言うことなのかもしれません。習いに来ている人は死ぬまで来るだろう人々の固定客。数は少ないから大事に思っていないのでしょう。現代のビジネスの浅はかさを感じます。

今年に入ってすぐに初段をとった人にはお孫さんがいます。

そして、黒帯をとった今、さらに上手くなりたくて日々稽古をしています。
私の身近でも何人もいるのですから、全国的にみたらかなりの数いるのではないのでしょうか。

身近な市民大会や大きな会場で行われている空手の試合を見に行ったらいいとお思います。マウターズの大会なんかもいいですね。道場の名前がわかると思います。

どんな空手をしたいのか具体的なイメージを持って道場を探す

目次

何がやりたいのかを考える

自分の憧れややりたいことが何か考えてみた方が良いと思います。憧れは、フルコンタクトの組手なのか、オリンピック選手のようなキレキレの形をしたいのか、憧れの選手がいるのか。具体的にやりたい形があるのか。

空手と一言で言っても様々な道場があります。同じ流派でも指導者によって雰囲気も指導方法も変わります。

ですから、自分がなにをイメージして、何がしたくて空手をしたいと思っているのかをはっきりさせておいた方がいいのです。そして、それが叶う道場を調べて見学に行くといいでしょう。

オリンピック選手の清水希容さんのように糸東流の形、チャタンヤラクーシャンクーが打てるようになるのが最終目標の人は、和道会などの和道流や松濤館では希望は叶わないのです。

和道では高段者になると柔術を絡めた投げ技がある基本組手や正座から始まる居合を学べる道場がありますし、松濤館では男子形の世界的な人気選手・本一将選手のようなガンカクの形が学べます。

場所

最低でも週に一度は通いたいです。初心者のうちは、稽古のその時間しか空手をやらないものです。とにかく休まず通うことが大切なので、通いやすい場所というのは大切な要素です。楽しくなってきたら、取れないはずの時間が取れるようになりますし、通えない距離が近く感じるようになります。

見学した時に、なりたい未来の自分の目標がいるかをみる

通いやすいところに越したことはありませんが、あんな風になりたいと思える人のいる道場に通いたいものです。あんな風になりたいなという人が見つかれば、自然と目で追うことになります。見ることは稽古になるのです。自然と体の使い方やリズムを真似ます。空手は真似から入ります。師匠に変な癖があると、弟子はほとんどその癖がうつってしまうということも起こります。ですから、あんな風になりたいなという人がいるところで習いたいものです。

松濤館の上段の足刀蹴りは股関節が固いのできついそうだなと思人もいるでしょう。フルコンタクトや剛柔の受けの練習は痛そうだけれどやっぱりやってみたいとか自分の気持ちの確認にもなります。見学に行くと、自分の心が動きます。迷っているなら、見学に出掛けてはいかがでしょうか。

流派など

伝統空手は、糸東流、剛柔流、松濤館流、和道流などの全国空手道連盟所属のオリンピック選手のような空手ができる流派や上地流や劉永流などの沖縄空手、フルコンタクトと呼ばれる極真空手など沢山の流派があります。

わからないことや不安なことは見学の時に聞いてみたら良いと思います。同じ黒帯でも、自分の会社組織だけの道場内でしか通用しない帯もあれば、全日本空手道連盟の公認の段位もあります。他の団体の公認の段位かもしれません。全国大会、世界大会といってもその団体ごと大会で団体が違えば同じ土俵で戦うことはまずあり得ませんから、どんな空手をしたいのかは結構重要なのです。

どの流派が良いのかは、どんな空手をしたいのかによりますので、一般的に違うものを比べる必要も優劣をつける必要もありませんしできません。沢山あるということは、やりたい空手はきっと見つかるということです。

どんどん出かけて、見に行きましょう。

誰でも空手ができることがわかったら、楽しく汗を流して、自分の理想の空手を楽しみましょう

「上手くなりたい、納得のできる動きをしたい」
自分を見つめ、自分の理想に近づくために、日々修行する姿は美しいです。空手では自分の筋肉や体力、体型や体脂肪、考え方などの内面が変化していきます。実感として何を感じるかは個人個人で異なります。素敵に変化していく自分に会えることは喜びとなり、生きがいになっていくことでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる