美味しい昆布だし、失敗しない簡単な取り方【炊飯器の保温で1時間】

目次

美味しい昆布だしの簡単で失敗しない取り方

昆布だしの分量

水  1L
昆布 15g(12センチ角程度)

濃い昆布だしを取りたければ、昆布の量を増やす

昆布だしの取り方

  1. 60℃のお湯を作る
  2. 炊飯器にお湯と昆布を入れる
  3. 保温を押して一時間ほっとく
あわせて読みたい
60度のお湯を作りたい【温度計は無い】
60度のお湯を作りたい【温度計は無い】レシピに「60度のお湯を用意する」って出てくるんだけど、温度計を持っていないの。60度ってどうやったらわかるの?「60度のお湯の作り方」と、「60度のお湯なのか触っ...

昆布だしは60度一時間が一番美味しい

  • 昆布からグルタミン酸を抽出するには60度がベスト
  • かつお節からイノシン酸を抽出するには85度がベスト
  • 600ccの水、60度1時間10gの昆布、85度にあげて火を止めて10秒17gの鰹節こす、塩2つまみ(親指と人差し指)、薄口醤油小さじ3でお吸い物のだし基本

NHKのテレビ番組「奇跡のレッスン」は、京都・菊乃井の村田吉弘氏が、およそ20年前、大学に研究機関と検証した結果、昆布の出汁が一番美味しく取れるのは、60度のお湯で1時間置くということが科学的にわかった、と言っていました。

それを公表して共有したことによって、昔ながらのやり方、つまり、しばらく昆布を水につけて、沸点近くまで徐々に温度を上げていき、沸点前に昆布を引き上げる方法ではなく、60度のお湯で一時間煮出す方法に京都の多くの料理店が変えているそうです。

美味しい昆布の出汁が取れます。

昆布だしの失敗とはどういうことか

昆布だしを取る時に、お湯を沸騰させてはいけないと教わってきました。

昆布は80度以上になると旨みが出ず、生臭さやえぐみが出ます。これが昆布だしの失敗した味です。

炊飯器の保温温度は、メーカーによって異なりますが、60〜73度くらいです。炊飯器の保温なら、その心配がありません。

まとめ【美味しい昆布だしの簡単で失敗しない取り方】

美味しい昆布だしは、60℃のお湯に昆布をつけて、炊飯器の保温で1時間放置すればできます。

炊飯器なら、失敗する心配もありません。

家でも簡単に、美味しい昆布だしが取れます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる