連続テレビ小説「エール」久志(山崎育三郎さん)の歌声は明るい未来への希望を伝える【栄冠は君に輝く】

目次

栄冠は君に輝くの歌詞

雲は湧(わ)き 光あふれて

天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ

若人よ いざ

まなじりは 歓呼に答え

いさぎよし 微笑(ほほえ)む希望

ああ 栄冠は 君に輝く

風を打ち 大地を蹴(け)りて

悔ゆるなき 白熱の力ぞ技ぞ

若人よ いざ

一球に 一打に賭(か)けて

青春の 讃歌を綴(つづ)れ

ああ 栄冠は 君に輝く

空を切る 球の命に

通うもの 美しく匂える健康

若人よ いざ

緑濃き 棕櫚(しゅろ)の葉かざす

感激を 目蓋(まぶた)に描け

ああ 栄冠は 君に輝く

〈参考にした栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)の歌詞が書かれていたページはこちら

「栄冠は君に輝く」の伊藤久男さんの歌声はこちらです。

村野鉄男役のモデル、作詞家の加賀大介さんから学ぶ

作詞家・加賀大介さんは、松井秀喜さんと同じ石川県能美郡根上町出身です。

加賀さんの没後一年後に生まれて、血液型が同じ松井秀喜さんは加賀さんの生まれ変わりではないのかという都市伝説が、読売巨人軍創立60周年の特別番組で紹介されたことがあります。

加賀さんは、この歌詞を懸賞金5万円目当てと思われたくなくて、のちに妻となる中村道子さんの名前で応募しました。その後、1968年までは作詞は中村道子となっていましたが、高校野球50回大会を機に、加賀さんが公表されました。

16歳の時に野球の試合による怪我で右足膝から下を切断していたこともあり、野球への想いは非常に強くかったようです。自宅近くの小学生が野球をする姿をよく眺めていたようですが、生涯一度も甲子園には行ったことはありません。

古山裕一役のモデル、作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)さんから学ぶ

作曲家・古関裕而さんは、福島県福島市出身てす。

「六甲おろし」「闘魂こめて」などを作曲されています。その他にも、中日ドラゴンズ、広島カープなど、野球と縁のある歌を作曲されています。

また、早稲田大学、慶應義塾大学、中央大学などの学校応援歌や校歌など若者を応援する曲も多く作曲されています。

朝ドラ『エール』の中の話にもあったように、太平洋戦争中に特別報道班員に選ばれ、インパール作戦が行われているペストが蔓延するビルマに派遣されました。

前線での悲惨な体験や目撃、自らの作品で戦地に送られ戦死した人への自責の念を持ち続けていたようです。

その後、「長崎の鐘」をはじめとする鎮魂歌や日本を明るくするために活動に尽力されました。

JR福島駅の発車メロディには、新幹線ホームに「栄冠は君に輝く」が、在来ホームに「高原列車は行く」のアレンジがながれ、東口には、1時間おきに作曲したメロディが流れる愛用のオルガンを奏でる姿のモニュメントがあります。

福島に訪れた際には、聞いてみたいですね。

山崎育三郎さん演じた佐藤久志のモデル、歌手の伊藤久男さんから学ぶ

NHKの朝ドラ『エール』山崎育三郎さん演じる佐藤久志が、絶望の淵から這い上がった歌が『栄冠は君に輝く』でした。

モデルとなった伊藤久男さんは、福島出身の県会議員の息子で、性格は豪放磊落で、潔癖症、晩年は酒のため糖尿病でインシュリン注射をしていました。

古関裕而さんとは、進学のため上京した東京で知り合い、同郷ということで親しくなっていったようです。

終戦直後は軍歌(戦時歌謡)を多く歌った責任感から疎開先に引きこもり、酒に溺れ、再起不能と言われました。ヒロポン中毒で苦しんでいた映画監督マキノ雅弘監督の松竹映画「地獄の顔」の主題歌「夜明けの街」でカムバックしました。

NHK紅白歌合戦には10回以上出場しています。

カラオケに行く前に確認したい山崎育三郎さんが行った歌の指導

山崎育三郎さんは、【連続テレビ小説】エールの100回目の放送直後のあさイチのプレミアムトークに出て、声の出しかたや歌いかたの指導を行い、『栄冠は君に輝く』を披露しました。

カラオケで歌うときの参考になるので、その要点を書いておきます。

①何十メートル先にいる友人に呼びかけるように、ボールを投げるような仕草を入れて声を届かせる。歌うという緊張感で強張ることがなく、本来の高い声が出る。

②舌を出して犬の真似をして、呼吸をする。自然と腹式呼吸になる。

③ ①と②を踏まえて、ブツブツと言葉や音を切らすのではなく、腕を流れるように左右に揺らしながら、言葉や音も繋げて歌う。

さいごに(NHK福島放送局のサイトで、山崎育三郎さんの歌が入った福島商業高校吹奏楽部の動画あります)

山崎育三郎さんは、古関裕而さんの出身校である福島商業高校吹奏楽部とコラボする予定でしたが、新型コロナの影響で中止になりました。

高校生たちは、集まって練習することもできなくなっていましたが、生徒自らの発案で、リモートで練習を重ね、動画を編集し、オンラインで発表しました。

それを知った山崎育三郎さんはその演奏に合わせて歌を歌い、リモートではありますが、その動画に合わせて歌い、高校生たちと交流しました。

もしも、何かに落ち込んだりすることがあれば、山崎育三郎さんも合わせて歌った、古関裕而さんの出身校である福島商業高校吹奏楽部に合わせて歌ってみようと思います。

戦争で大切な人を失い、多くの若者たちを送り込んでしまったと絶望した作曲家の古関裕而さんや歌手の伊藤久男さんはじめ、お酒などの中毒でいったん絶望したとしても、次世代の若者へ希望を抱かせる歌を作り歌っています。

絶望に大きいも小さいもありませんが、彼らを思い出したら、自分を元気付けてくれる気がします。

福島商業高校吹奏楽部のリモート演奏

山崎育三郎さんが入ったバージョンを聞きたい方はこちら、NHK福島放送局より

NHK朝ドラ「エール」に出演中、その共演者でもある森山直太朗氏の手によって、山崎育三郎が今想う、大切な人に伝えたいことを具現化。カップリングには「エール」の題材になっている古関裕而氏の「栄冠は君に輝く」を収録。古関氏の母校、福島商業高校の吹奏楽部の生徒とのコラボレーションがリモート収録にて実現。初回限定盤には表題曲のMusic Videoとメイキングを収録予定。

引用先 : Amazonサイト より
ポチッとしていただけると喜びます。ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
created by Rinker
¥1,609 (2021/07/31 06:30:19時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる