舌にやさしい流動食の作り方【納豆汁】

目次

納豆汁の作り方【舌にやさしい流動食】

納豆汁の材料

  • 納豆1p(50g)【95cal 糖質2.7g たんぱく質8.3g】
  • 鰹出汁300ml 【6kcal 糖質0g たんぱく質0.4g】
  • 味噌 大さじ2(36g)【68kcal 糖質2g たんぱく質5.9g】
  • 水 300g

納豆汁の作り方

STEP
納豆を1パックすりこぎでしっかり潰します。

潰しにくい時は、日本酒を入れて、納豆を少しふやかして潰すと潰しやすいです。
一粒ずつつぶすようにしたほうが早くきれいに潰れます。

STEP
味噌汁と作る

いつもは薄めの味噌汁が好みですが、納豆汁の時には、いつもより濃いめのお味噌汁にした方が美味しいです。(好みの味付けでどうぞ)

キノコと豆腐、ネギを具材に加えたお味噌汁を作りますが、術後すぐなど、重湯程度の流動食の時には、具材なしの汁だけにします。

ミキサー食が食べられるようになっていれば、具材を一緒にミキサーかブレンダーをかけて細かくして食べます。

STEP
潰した納豆と味噌汁を合わせる

納豆は、味噌汁を作り少しずつ味噌汁の水分を加え、納豆を伸ばしてから加えないとダマになります。

納豆汁のカロリーと糖質【舌にやさしい流動食】

具材なしの味噌汁150g(4分の1の量)で、42.25cal 糖質1.175gたんぱく質3.65gです。

滑らかで優しくて美味しかったです。毎日納豆汁でも良い感じ。

まとめー納豆汁の作り方とカロリーと糖質【舌にやさしい飲む流動食】

納豆汁の材料は、

  • 納豆1p(50g)【95cal 糖質2.7g たんぱく質8.3g】
  • 鰹出汁300ml 【6kcal 糖質0g たんぱく質0.4g】
  • 味噌 大さじ2(36g)【68kcal 糖質2g たんぱく質5.9g】
  • 水 300g

納豆をしっかり潰して、お味噌汁を作ってそこに少しずつ汁で伸ばして馴染ませた納豆を加えて出来上がりです。

納豆汁、体が温まって美味しいので、ぜひ作ってください。

流動食ではない納豆汁の具はきのこと豆腐です。

私は芋茎と蒟蒻も入れます。

なめらかな納豆汁はひきわり納豆のお味噌汁と違うんですよね。
風邪ひいた時にも良いですよ。

流動食でなくても是非、作ってみてください。

今のすり鉢は美しいですね。とろろ汁やほうれん草の胡麻和えも、そのまま食卓に出せますね。

とろろと、胡麻と、納豆汁に、我が家はすり鉢が欠かせません。

美しいすり鉢、新調しようかな。白だと洋食器とも合うし素敵ですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる