『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』のレビュー(ネタバレあり)

  • URLをコピーしました!
読書が好きな人

我慢しないで食べすぎないようになりたいなぁ

ストレスなく続けられるダイエット方が知りたいなぁ

つくし

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』を読むと、我慢しないで食べすぎない方法が理解できて、ストレスなくダイエットが続けられるようになります。

created by Rinker
¥1,426 (2022/05/19 04:00:30時点 Amazon調べ-詳細)
目次

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』の内容(ネタバレあり)

  • 材料を厳選した食品を摂取すること
  • 炭水化物を制限すること
  • バターコーヒーを生活に取り入れること

著者は140kgと太めの人で、カロリーを1500カロリーまで落として、90分の運動を毎日行っていましたが、落ちなくなっていた痩せにくい人でした。

ハッキングするように自分の体を実験にして、反応を細かく分析して、食生活を変えることで、自分の最高パフォーマンスを変えています。何を食べると安全に痩せて健康な体になるのか。食生活を通して著者の体の反応を研究して結論づけをした集大成の本です。

この本の記載通りに食事をすることはほぼ無理だと思います。なぜなら、日本でなかなか手に入りにくいものもありますし、毎日の食事にかかる金額は、一般庶民が維持できることではないです。

【内容より】
・朝、「ヨーグルト」を食べると太る
・IQは「食べ物」で変わる
・空腹になる食べ方、ならない食べ方
・「腹が空っぽ」のときがいちばん筋肉がつく
・炭水化物は「夜」に食べたほうがいい
・脂肪を食べると痩せる
・「カロリー制限」では痩せられない
・低炭水化物ダイエットは「カビ」を減らすから効く
・「空腹ホルモン」をハックする
・あなたの体を「解毒マシン」にする
・脳は「脂肪」でできている
・炭水化物をカットすると、うまく眠れなくなる
・「冷や飯」が腸内の善玉菌を育てる
・果物が「集中力とエネルギー」を奪う
・パンを「一切れ」食べると、時間差で悪影響が出る
・同じものでも「食べる時間」で毒になる
・パフォーマンスを最大化する「ベストの朝食」とは?
・カフェインが脳を守る
・「腸内細菌」を飢えさせると、脂肪が燃える
・体内の「痩せ型」細菌にえさをやる
・栄養は調理しだいで変幻自在
……など<引用元/amazon公式サイト

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』を読むデメリット(口コミ・感想)

K. Nara5つ星のうち3.0 面倒くさい2018年11月30日に日本でレビュー済みAmazonで購入大昔のフランスの貴族、ラ・ロシュフコーは、面倒くさい養生でやっと健康を保つことができるのは、それ自体、病気にかかっているようなものだって書いてる(笑)。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』を読むとメリット(口コミ・感想)

クロッケ5つ星のうち5.0 気張らず、参考にしてみれば、いいことあります2018年10月21日に日本でレビュー済みAmazonで購入この本は、知識てんこ盛りで、すべてを実践するのは不可能です。でも、考え方を変えて、例えるなら100個書かれている知識のうち、自分にできそうな60個くらいを
やってみればいいんです。サラダの具を著者オススメの野菜に変えてみるとか、惰性で食べていたものが著者の言うNGフードならやめるとか。好きなものを食べるのはやめなくていいんです。
僕はそのやり方で、半年で10キロ痩せ、ベスト体重に。2年経っても保てています。頭もスッキリして、体調もよくなり、日中の眠気に襲われることもなくなり、デトックス(解毒)作用があったと思います。生活の質を高めてもらい、この本には本当に感謝しています。

ぽこ5つ星のうち4.0 実践したいのですが、とにかくお金がかかります(笑)2018年7月30日に日本でレビュー済みAmazonで購入すごく勉強になりました!
ただ、実践しようと思うとすごくお金がかかります(笑)
痩せたいけれど・・お金が・・・という貧乏系女性には難しいです。
シリコンバレーで働いている、リッチな男性ならば楽勝なのでしょうが・・


5つ星のうち4.0
 5㎏痩せた!バイオハックが楽しい!視野が広がった!
2018年5月6日に日本でレビュー済みAmazonで購入本書購入から3ヶ月弱で、5㎏程痩せました!わお、すごい!
30代半ばになってからは、20代の頃の様に食べないだけという方法では全然痩せず困っていたので、本当にありがたいです。
本書の内容やカビ毒について、読みずらい等々はすでに沢山のレビューがあるので、私が3ヶ月実践して気づいたことをレビューしたいと思います。
・MCTオイル(ココナッツオイル)使用で、めまい・頭痛・脳霧・吐き気などがある方
→私は最初から大匙1強を使いましたが、全くお腹が下ることはありませんでした。MCT摂取後はエネルギーに満ち溢れるのを感じるのに頭に霧がかかった感じ、めまい、使いすぎた時は軽い頭痛がありました。
糖質制限だと最初はこういった症状が出てミネラル不足が原因と言われるので、サプリ等試しましたが改善せず。
お腹が下らないことをいいことにMCTを疑わなかったのですが、大匙1/2にした所改善。品質の問題かな?と思い、4種類のMCTオイルを試しましたが、どれも同じ結果でした。せっかくだと思い、ココナッツオイルでも試しましたが、一定量を超えると同じ症状がでました。
ちなみに、朝一の空腹時・食後でも同じ結果です。
不思議なもので、2ヶ月経った時にピークにこれらの症状がでました。体がケトン体になれて、MCTが必要以上のエネルギーになったのかな?
MCTオイルの効果を自覚しているので、もし同様の症状でしたら摂取量を調整してみてください。
・私は人工甘味料がラブラドール脳のトリガーになった
著書にある人工甘味料は血糖値を上げませんし、実際に使用しても体重が増えることはなかったです。
ただ、私の場合は体重が増えないことに人工甘味料を使ったデザートを増やしていき、PMS時期になると甘いものの欲求が強くなり、マクロのバランスはとりつつも、必要以上の甘さにして食べてしまいました。
PMSを過ぎ、甘いものを欲していないのに、精神的に食べたい欲求(まさにラブラドール脳を体感)がとまらず、3ヶ月目にして初めての「超超超超空腹」を感じて大変でした。
まさに中毒といった感じで、精神的に我慢するのに一苦労。
順調に減っていた体重はもちろん増えてしまいました。(その後、戻りました)
アスプリー氏のサイトフォーラムなど読むと、人工甘味料が精神的な食欲トリガーになったという方がたくさんいましたので、なんだか食欲がいつもと違うと思った方はご参考までに。
ちなみに私は、チーズもトリガーだと気づいたので辞めました。
※この時期に恐ろしいことに最終的に、まさかのピザを食べてしまいました…。久しぶりに食べたピザ(小麦粉)は不思議な感じでした。大好きだった小麦が昔の様に美味しいと思えず、味を感じない食べ物だなぁと。
・女性は特に自分なりにカスタマイズするのがお勧め
女性は男性に比べ、ダイエットのバランスが取りずらいと思います。
上記に書いた食欲トリガーもそうですが、生理前は本当にバランスが取るのが難しかったです。
アスプリー氏も女性は炭水化物量の追加摂取について書いていますが、私は炭水化物を増やすより、脂肪摂取量を増やすとバランスが取りやすくなりました。
また、タンパク質ファスティングを作るとPSM時期はバランスが崩れるので通常のパターンを維持しています。
・食材費より維持を優先
グラスフェッドバター、グラスフェッドのお肉、良質な食品たちなどなど、実践が楽しくなるにつれ良い物を購入したくなります。
※一番高コストなのは、アスプリー氏が販売している製品かも?笑
私はコストの問題にぶつかり、色んなレビューを読み漁ると食品の質を下げて維持することが大切。質を下げても体重変動に大きな違いはなかったとの感想を見て、今はバターの質を下げています。
栄養素などを考えると大きな違いはあると思いますが、体重減少には影響していないです。
バターをココナッツミルクにする日を作り食費のバランスをとったり、野菜などにお金をまわし食の種類を増やしています。
炭水化物ってものすごく低コストなんだなぁと少し怖くなったりも…。
・コレステロール(LDL)値は上がる!が、増えるのが当たり前のようです
1年前の人間ドックと比べLDL値が大幅に上がっていました。
ただし、体重7㎏・体脂肪5%減です。
コレステロール以外はすべて正常範囲に戻っていました!
LDLが悪玉というのは海外ではすでに否定されていますが、刷り込まれた悪玉という言葉は、私に恐怖を感じさせました。
LDLもLDL – PとLDL-Cがあり、どちらかが高いのが危ない等たくさんの情報がありました。
ぜひこの詳細な検査をしたい所なのですが、今のところ日本で検査できる病院が見つかりません…。
また、糖質制限・低炭水化物を実践するとLDLが高くなる人の方が多いそうです。
日本の糖質制限で有名なドクターのサイトにこれらについて詳しく書いていたので、健康診断の数値が気になる方は拝見されるとよいと思います。英語のサイトであれば山ほど情報がでてきます。
色々情報を得た結果、数値が気になれば辞められるのが宜しいかと思います。
・自分について考える時間が増えた
バイオハックが楽しく、自分の身体や意識を気にする時間が増えました。
超運動嫌いだったのですが、実践を始めてから運動がしたくなりジムにも通いだしました。
本書では必要以上の運動は必要ないと書いていますが、ライフスタイルが変わり精神的に調子が良いので私は続けます。
ダイエットも昔は体重さえ減ればよいだったのですが、年齢的なものもあり、体重ではなく体脂肪を減らすことが目的になりました。
そうすると栄養素のバランスを考えるようになりますので、食材選び・メニュー選びが今までとは大きくかわりました。
総合的には、自分というものに敏感になり、調子が良いです!
続ける期間が長くなるほど、合わない食べ物がはっきりわかるようになりますし、
自分にエネルギーがある時・調子が悪い時が敏感に感じ取れるようになったのでこれからも続けてみたいと思います。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』を読んでどうなりたいのか

目指しているところは、著者と同じなのです。

我慢しないで食べすぎないようになりたい。」

減量に成功して、元気になり、集中力が増し、さまざまなダイエットとリバウンドを繰り返していた著者が、最後のダイエットになり、現在も腹筋は増やしているが、体重維持はできている方法が書かれている本。

自分もダイエットを最後にして、割れた腹筋を得られなくても、痩せてリバウンドなしの体重維持を楽にできるようになりたい。

ただ、全部、本の通りにすることは無理そうです。

食材が一般的ではなく手に入れにくく高額だからです。身の丈にあった、ストレスなく続けられる方法のいくつかでも試したくなります。国産MCTオイルと、不純物の少ないギー、カビの心配が少ないオーガニックの粉コーヒーでバターコーヒーを朝食に取り入れ、食べ過ぎを防ぐためにプチ断食の思想を取り入れることを決めました。

そういうひらめきが、本を読むと迷いなく思いつきます。

本が出た2015年には、糖質制限や脂質を多く取ることに賛否両論の思いはそれぞれに強く、クチコミも力作が多いですね。

まとめ/『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』を読んだらこうなる

「我慢しないで食べすぎないようになりたい。」
「ストレスなく続けられる方法を知りたい」

そんな人は、この『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー』読むと良いでしょう。

自分が何をどう食べたら良いのか理解することができて、実践したくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる