2022 北京オリンピック アルペンスキー【種目・代表選手・日程】

  • URLをコピーしました!
目次

種目【2022 北京オリンピック アルペンスキー】

  • ダウンヒル(滑降)
    コースが長く、時速100km超のスピードが出ることもあり、真っ直ぐに滑り降りジャンプを飛ぶ。滑走本数は各選手1本。生命の危険を伴うことから、本番のレース前に公式トレーニングが行われる。
  • スーパーG(スーパー大回転)
     スピードへの強さとターン技術が求められる。遠心力はダウンヒル以上。滑走本数は1本だけの一発勝負。旗門の設定やコース取りを読み切る経験も必要となる種目。
  • ジャイアントスラローム(大回転)
     技術系種目。スピード、ターン技術やリカバリー能力、緻密なコース戦略やゲームマネージメントなど、アルペン競技で求められる要素が凝縮。旗門セッティングが異なるコースを2本滑り、その合計タイムで順位が決まる。
  • スラローム(回転)
     細かいリズムのターンテクニックが必要な技術系種目。ポールをハンドガードでなぎ倒していく。たった1回のインスペクション(コースの下見)罠を見抜き速いタイムをねらっていく。
  • アルペンコンバインド(複合)
     1日でダウンヒル(またはスーパーG)とスラロームのふたつを組み合わせて行う複合種目。総合力が試される。
  • 混合団体(チームイベント)
     平昌大会から採用された新種目で、各国で男女混合のチームを編成。トーナメント方式で戦う国別対抗戦です。ジャイアントスラロームのポールセットをより細かいリズムにしたコースセットを左右にふたつ並べ、同時にスタートして先着を競うパラレル競技を、選手を入れ替えながら行う。滑走タイムが20秒程度の短いコースで抜きつ抜かれつの勝負。

代表選手【2022 北京オリンピック アルペンスキー】

女子【2022 北京オリンピック アルペンスキー】

安藤麻Asa ANDO 選手
2回目。旭川出身 25歳

向川 桜子Sakurako MUKOGAWA 選手
秋田出身 30歳

男子【2022 北京オリンピック アルペンスキー】

Yohei KOYAMA小山陽平 選手
初出場。昨シーズンのW杯男子回転8位。金沢出身。23歳。

(※各選手の出場種目は現地で決定)

日程(2/6~2/19)【2022 北京オリンピック アルペンスキー】

2/6 男子滑降 悪天候で延期

2/7 女子大回転(1回目、2回目)

  • 24位 安藤麻 選手
  • 31位 向川桜子 選手

2/8 男子スーパー大回転

2/9 女子回転(1回目、2回目)11:15

  • DNF 安藤麻 選手
  • 35位 向川桜子 選手 完走して両手を突き上げて喜んでいた。

2/10 男子複合(滑降・回転)

2/11 女子スーパー大回転

2/13 男子大回転

2/15 女子滑降

2/16 男子回転(1回目、2回目)

小山陽平選手は、コースの旗門を両足で通過できず棄権、2回目に進めませんでした。

2/17 女子複合(滑降・回転)

2/19 団体

まとめー2022 北京オリンピック アルペンスキー【種目・代表選手・日程】

女子大回転 24位 安藤麻 選手、31位 向川桜子 選手

女子回転 35位 向川桜子 選手、DNF 安藤麻 選手

男子回転 DNF 小山陽平選手

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次