学生やネットにクレジットカード番号を書き込みたくなかった方へバンドルカードがあります【誰でも作れるVANDLE CARD】 

https://vandle.jp

バンドルカードとは、アプリで作れるVISAのプリペイドカードで、現金をコンビニなどでチャージして、VISAのクレジットカードの代わりに使えます。

実店舗でも使えるリアルカードや海外でも使えるリアルカードプラス+があります。(手数料必要)

未成年者は保護者の同意が必要ですが、年齢不問で審査もなく、SMSが届く電話番号があれば、最短で1分で発行できるこのカードは、チャージが2万円までできます。チャージの分だけしか使えないので、使いすぎることがありません。

就労していない学生は返済能力が乏しいとクレジットカードが作れないので、若者のカード決済のニーズに答えるものとして人気です。

バンドルカードのバーチャルカード(携帯のアプリとして使用)なら、年会費も口座使用料などの手数料もかかりません。キャッシュレスのポイント還元の恩恵が受けられます。

目次

バンドルカードの発行方法

  1. アプリをダウンロードして新規登録
  2. 電話番号を入力し認証する
  3. ユーザーIDとパスワードと生年月日と性別を入力。(未成年は保護者の同意が必要)
  4. 利用規約に同意して登録する
  5. バンドルカードが発行される

ポチっとチャージの仕方

  1. ホーム画面のポチっとチャージを押す。
  2. 初回のみはじめるをクリック、ポチっと申し込み、氏名とメールアドレス入力して届いた暗証番号で認証
  3. 利用規約を確認して同意し、SMS認証へ
  4. SMSで届いた暗証番号を入力して認証完了
  5. ひと月に使える金額(3000円以上)を決めて入力、この内容で申し込む(手数料がかかることも確認)
  6. チャージされます。

支払い期限は翌月末まで、期限を過ぎると規約により制限がかけられるので忘れずに支払いましょう。

その他、コンビニやセブン銀行、クレジットカード(VISAとマスターカード)銀行ATM、ネット銀行、ギフトコードやビットコインでもチャージでき、ドコモキャリアを使用している方は、手数料がかかりますがドコモ払いも出来ます。

メリット

  • クレジットカードを作れない学生や子どもが持てます。
  • クレジットカードをネットショッピングで使いたくなかった人もバンドルカードなら安心です。なぜなら、チャージの分しか使えないからです。
  • ポチっともチャージも限度額を決めているので、使い過ぎません。
  • もし落としてもすぐに止められますので、盗難や紛失でも被害が少なくて済みます。
  • ポチっとチャージがあるので、手持ちがなくても欲しいものが買えます。
  • 実店舗で使えるリアルカードも発行できます。(手数料300円から)

デメリット

  • チャージしたお金は戻りません。
  • チャージ方法によっては手数料がかかることがあります。
  • ポチッとチャージが承認されないことがあります。
  • 実店舗ではリアルカードが必要で、発行に手数料がかかります。
  • 使えない店があります。(ホテルやガソリンスタンド、公共料金や定期払いなど)リアルカード+はガソリンスタンドとホテルで使えます。
  • 決算をキャンセルした時の返金は46日後となり、ひと月以上かかります。
  • ポチっとチャージ、ドコモ払いのは手数料が高いです。
  • リアルカードの発行に手数料かかります。
  • 3Dセキュア決算には対応していないので、ディズニーリゾートのeチケット購入などは現時点ではできません。
  • ポチっとチャージやドコモ払いでカードローンみたいな使い方していると支払いに追われるようになります。

まとめ

クレジットカードが持てない学生や、ネットショッピングでカード番号を入力したくない人は、アプリで作れるVISAのプリペイドカードで、現金をコンビニなどでチャージして、AmazonなどネットショッピングなどでVISAのクレジットカードの代わりに使えるバンドルカードは便利です。

リアルカードを発行すれば、実店舗でも使え、海外でも使えるリアルカードプラス+もあります。

ただし、手数料や使えないの店舗もあるので注意が必要です。

ポチッとしていただけると喜びます。ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる