ジャガイモの冷凍保存方法と冷蔵保存方法【芽を出さず美味しく食べる】

目次

ジャガイモの冷凍保存方法

ジャガイモまるまんま冷凍

まるまんま、芽だけえぐって、一つずつラップで包んで、冷凍保存します。温度があまり変わらない奥の方で寝かしておくと、3ヶ月までは美味しく食べられました。

解凍する時は

電子レンジで中くらい(100g)のジャガイモなら弱があれば弱で、4分ひっくり返して4分、様子見てたりないようなら、さらに時間を加える。家庭用の通常なら、その半分の時間2分ずつレンジにかけて様子を見ながらさらに時間を加えます。

ジャガイモをマッシュして冷凍

ジャガイモをマッシュして平にして冷凍にします。

そのときに、マッシュポテトやポテトサラダ用の味付けをしてから、冷凍します。

味付けには油を多く使うと滑らかな食感が保ちやすいので、マッシュポテトにはバターを、ポテトサラダにはマヨネーズをいつもより少し多めに入れてあげるといいでしょう。

解凍する時は

必ず、電子レンジで温かくなるまで解凍します。

冷やして食べたいものは、それから冷蔵庫で冷やします。

水分が出ますので、熱いうちに混ぜて馴染ませます。

あわせて読みたい
電子レンジで作る簡単美味しいマッシュポテト【味付け違いでポテサラも】 このレシピは、火を使わず、ボールなども使いません。洗い物が少なくてすみます。バターと牛乳ではなく、寿司酢とマヨネーズを加えるポテトサラダになります。 電子レン...

ジャガイモの冷蔵保存方法

ジャガイモを野菜室にそのまま入れておくと、皮がシワシワになってしまいます。

これは、野菜室が乾燥していることで起こります。

一つずつ、ペーパータオルや新聞紙で包み、ビニール袋に入れて口を閉じてから野菜室にしまいます。

キッチンペーパーとビニール袋で蒸発を防ぎますので、湿度を保ち乾燥から防いでくれます。

だいたい、ひと月くらいは持ちます。

まとめージャガイモの冷凍保存方法と冷蔵保存方法【芽を出さず美味しく食べる】

ジャガイモは、暖かくなると(気温15度以上)発芽しやすくなります。

ジャガイモの芽は、有毒物質のソラニンが含まれているので、お腹が痛くなったり、吐き気がしたりする場合がありますので、しっかり取って調理しなくてはなりません。

なるべく芽を出さないように早めに食べたいですが、そうもいかず、ついつい芽を出してしまう人も多いのではないでしょうか。

時間がある時に一手間かけておくと、ジャガイモを無駄にしませんし、買いに行く手間も省けます。

マッシュして味をつけておけば、料理の時間短縮にも繋がります。

ジャガイモをさいごまで美味しく食べ切って、商品ロスを減らして、地球に優しい暮らしをしましょう。

あわせて読みたい
食品ロスポータルサイト 食品ロスに関連する様々な情報を集約した環境省のサイトです。消費者、地方自治体、事業者、NGO向けにサイトが分かれているので、検索者の属性に応じたサイトから効率的に...
あわせて読みたい
スーパーに買い物に行くのが面倒になったらトドック【コープさっぽろ(北海道全域を担当する生協宅配シ... トドックを利用しています。重いビールやお米、かさばるトイレットペーパーのために、毎週ではなく、必要な時だけ利用していました。最近では、スーパーに出かけたくな...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる