IPO利益にしくみと申し込み方法(ブックビルディング)をわかりやすく解説します【SBI証券の場合】

目次

IPO株の利益のしくみ

IPOとは、新規に上場し公開される株が取引できるようになることを指します。

IPOの投資とは、上場する前に株を買う権利を抽選で手に入れてあらかじめ買って、上場日の初めにつく株価(初値)で売ることで利益を出すことを言います。

IPO株は適切価格よりも低い価格に決まることが多く、公募価格より高い値がつきやすい初値で売却することで、利益が出ます。人気のない株もあり、必ず利益が出るわけではありませんが、多くの株に利益が出ます。

ですから、非常にに人気があり、すべての人が買えるわけではなく、抽選になります。その抽選に参加する申込みを今回説明しています。

その申込みのことをブックビルディングと言います。

今回は、SBI証券の口座の開設を行っている前提で話をします。

目論見書電子交付サービス承諾状況を了諾済みにする

初めての時は、未承認になってなっているので、ネットで目論見書電子交付サービスの承諾をすることな参加条件となっているので、了諾済みにします。

好きな銘柄を選んで『申込』のボタンを押す

必ず「目論見書」を確認してから、申し込みをしたい銘柄の中にある、ブックビル期間内だと表示される『申込』ボタンをクリックします。

ちなみに、申込が完了したら、ブックビルの項目に、『取消 訂正』の文字が出ます。

新規上場株式ブックビルディング申込

希望の申込株数、価格はストライクプラス、チャレンジポイントは使用しないにする。取引パスワードを記入して、申込ボタンを押します。

売買の単位は100株です。

価格のストライクプレイスとは、「成行」という意味です。どうせしたいならストライクプレイスをチェックします。

チャレンジポイントとは、IPOの申込に外れたときに貯まります。当選画率が上がるようですが、ポイントの高い順に当選するので、200pを超えるポイントを持っていないと当たりにくいようです。

新規上場株式ブックビルディング申込確認

内容を確認して、申込ボタンを押します。

銘柄の表の中のブックビルの項目内に『取消 訂正』の文字が出ていたら申込されています。

買付余力、公募割れに注意

抽選・配分日時時点で、買付余力がないと抽選対象外なってしまいます。

また、公募割れしそうなIPOにも申込、落選すると1pもらえます。当選した場合は、危険を犯さず、購入を辞退しましょう。SBI証券は辞退してもペナルティーはありません。

公募割れするかどうかはわかりませんが、過去の状況を見ると、売り出し価格が、仮条件の下位の金額の時に公募割れしている時が多いようです。

IPOまとめ

IPOによる取引は、利益になる確率が高く、株式の売買の初心者でも分かりやすいので、大変に人気があります。

また、IPOの申込みや購入に手数料はかかりません。売却の際には、通常の株式の売却と同じですので、通常の取り扱いになりますので、売却の手数料等がかかります。

抽選と同時に売却価格が決定しますが、公募割れしそうだと思った時に、SBI証券では、購入を辞退することができ、ペナルティーもありません。

また、税金が有利になるシステムであるNISAがあります。つみたてNISAとの併用はできませんので、検討して見てはいかがでしょうか。

ちなみに、自分は、つみたてNISAをしているので、NISAは使うつもりはありません。

ポチッとしていただけると喜びます。ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる