炊飯器で作る簡単「かぶの煮物」のレシピ【材料入れてスイッチを押すだけ】

目次

材料【「かぶの煮物」炊飯器に材料入れてスイッチを押すだけの簡単レシピ】

  • アサリ 1パック
  • 鶏胸肉 一枚
  • カブ 小さかったので5つ
  • ニラ 1束
  • 昆布出汁 カブがひたひたになるくらい
  • めんつゆ 大さじ1

作り方【「かぶの煮物」炊飯器に材料入れてスイッチを押すだけの簡単レシピ】

STEP
アサリの砂出しをする

アサリをこすり洗いする。

海水と同じ濃度3%の塩水を作る

ボールに置いたザルにアサリを入れて、呼吸ができるくらい少し表面が見えてきる感じのひたひたに塩水に1時間ほどつける。買ってきたのではなくて、潮干狩りでとってきたあさりは半日ほどつけます。

アルミや新聞紙を上に寄せて、ピューッと水を吹いて周りを汚すのを防ぎます。

適温は20℃。夏場、気温が高いようならときどき冷蔵庫に入れてあげましょう。

あわせて読みたい
3%の塩水の簡単な作り方【砂抜きに使う海水のような濃度】
3%の塩水の簡単な作り方【砂抜きに使う海水のような濃度】材料【砂抜きに使う海水のような3%の塩水の簡単な作り方】500mlの水ペットボトル塩(ペットボトルのキャップ2杯分)【簡単な作り方【砂抜きに使う海水のような3%の濃...
STEP
アサリの酒蒸しを作って、汁は出汁として使う。

アサリと75ccくらいの日本酒を入れて蓋押して中火で加熱する。蓋が開いたらすぐに火から下ろし、汁を切る。

この汁を出汁に使う。

STEP
炊飯器に材料を入れる

四つに切ったカブ、昆布出汁、めんつゆ大さじ1、アサリの酒蒸しの汁を入れます。

昆布出汁が面倒なら、顆粒のかつおでも昆布でもだしの素で良い。

アサリの汁にも塩分が入っているので、めんつゆの量に注意。少なめに入れておいて、ニラを混ぜる前に味見をして整える。

アサリもめんどくさいなーってときは、梅干し、タネをとって3つ入れて梅風味にしてみて。

あわせて読みたい
昆布出汁の失敗しない簡単な取り方・作り方【炊飯器の保温で1時間】
昆布出汁の失敗しない簡単な取り方・作り方【炊飯器の保温で1時間】【美味しい昆布だしの簡単で失敗しない取り方】昆布だしの分量水  1L昆布 15g(12センチ角程度)濃い昆布だしを取りたければ、昆布の量を増やす昆布だしの取り方60℃...
STEP
一口大に切った鶏胸肉を乗せる

その上に、一口大に切った鶏胸肉を乗せて、塩胡椒を軽くします。

STEP
炊飯器の早炊きのスイッチを押す
STEP
ニラを入れて一回かき混ぜる。蓋をして、保温のまま放置
STEP
しばらくして開けたらこんな感じ

まとめ【「かぶの煮物」炊飯器に材料入れてスイッチを押すだけの簡単レシピ】

とにかく、材料を炊飯器に入れてスイッチを押すだけです。簡単に美味しいカブの煮物ができます。

アサリと合体させると豪華になります。私は食べやすさを重視して、もう一品、アサリの酒蒸しとして食べます。

スイッチを押しただけなのに、ちゃんと手間をかけて作ったようで満足です。

あわせて読みたい
炊飯器の保温温度は何度か【象印 日立 パナソニック 東芝 タイガー 三菱電機 アイリスオーヤマ】
炊飯器の保温温度は何度か【象印 日立 パナソニック 東芝 タイガー 三菱電機 アイリスオーヤマ】【象印【炊飯器保温温度は何度か】】高め保温は約73℃、低め保温は約60℃です。低め保温は24時間経過すると自動的に高め保温に切りかわります。参考サイト/よくあるご質問...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる