耳だけで空手、わどうのかた、ピンアン五段【読み上げコンテンツ用】

聞くだけでできる空手の形
目次

耳だけで空手、わどうのかた、ピンアン五段【読み上げコンテンツ用】

このページは、わどうのかた、ピンアン五段、の【アクセシビリティの読み上げコンテンツ用】です。

耳で聞きながら自主練習が出来る、ピンアン五段の復習を可能にすることを目的としています。

わどうのたち方や手の形など、独特の言葉もありますので、空手未経験が理解することを目的にはしていません。

では、はじめます。

きょうつけ。

南(正面)に向かって結びだち。

両手の指は揃えて伸ばし、大腿部の前に自然と添える。

立礼する。

用意。

左、はんぽ、右、はんぽと開き、八字だちになる。両かかとの間隔は一足長はんで、だいたい肩幅の中にかかとが入るくらい。

両手は大腿部の前で軽く握る。

1。

おへそを、東に向け、まはんみ猫足だちになる。

左、上段そと受けを行う。右けんは体側に構える。

2。

立ち方そのまま。

右、中段逆づきを行う。左けんは体側に構える。

3。

右足を左足に引き寄せて、おへそを南に向け、結びだちになる‘。

左けんはてのひらがわが下向きで、左腕を水平かつ、胸の前で平行に、体から少し離して構える。体に軽く触れる四段とは異なる。

4。

おへそを、西に向け、右、まはんみ猫足だちになる。

右、上段そと受けを行う。左けんは、体側に構える。

5。

立ち方そのまま。

左、中段逆づきを行う。右けんは体側に構える。

6。

左足を、右足に引き寄せて、おへそを南に向け、結びだちになる。

右けんは、てのひらがわを下にして、右腕を水平かつ胸の前で平行に、体から少し離して構える。左けんは体側に構える。

7。

右足を南に運び、右、はんみ猫足だちになる。

右、上段そと受けを行う。左けんは、胸の前に構える。

8。

左足を一歩、南に運び、左、前屈だちになる。

右腕を上にして、交差して、左右、下段ばらいを行う。

左右別々の動作なので、両腕は密着させず、軽く触れる程度にする。

9。

立ち方そのまま。

交差そのままに、上段に上げ、左腕前の、左右、しゅとう上段受けを行う。

左右別々の動作なので、密着させず、軽く触れる程度にする。

10。

立ち方そのまま。

右、しゅとうは、腕を外側にひねって、てのひらがわを上にして、甲の側で中段に落とす。左、しゅとうは、前を向いているてのひらそのままに、中段に落とす。それぞれ、脇を締めて行い、両手は肘より下に下がらないようにする。左右、別々の動作。

11。

立ち方そのまま。

左、中段づきを行う。右けんは体側に構える。

12。

右足を、南に一歩運び、右、順づき足になる。

右、中段づきを行う。左けんは、体側に構える。

8〜12は連続で行う。

13。

左足を軸にして、左回り、相手の攻撃を引き込むようにして、右足を北側に運び、おへそは西向きの右、四股だちになる。

右、下段ばらいを行う。左けんは体側に構える。

体の転換は、上体を傾けず行い、右けんは、相手の上段づきの攻撃を受け流すように、右耳あたりまで運んでから、下段ばらいを行う。

14。

左足を引き寄せるように、上に立ち上がり、広い八字だちになる。

左、中段ばらいうち、を行う。左けんは、体側に構える。

相手の中段づきを引き込みながら、横に払う動作となる。

15。

右足を、一歩南に運び、右、順づき立ちになる。

左、かいしゅに、右、中段肘当てを行う。

16。

左足を、右足かかとの左斜め後ろ近くに引き寄せて、左爪先立ちになる。

右、上段そと受けを行う。左けんは、てのひらがわ下向きで、胸の前で平行にして、右肘関節に、軽く触れる程度に構える。

17。

右足を軸にして、左回りで、体を南に倒し、おへそは東、視線は北を向いて、北向きの右、後屈だちになる。

北からの上段づきを引き込み流し、右けんは、てのひらがわを上向きに、南にいる敵の顔面を突き上げる。左けんは、てのひらがわ下向きのまま、胸の前で、かぎてに構える。

18。

左回りで、北の方向に、高く、遠くに跳躍しながら、おへそを180度回転させ、左右のけんを体側に構え、着地と同時に、右足前の両爪先だちになる。右腕上で交差して、左右、下段受けを行う。

飛んでいるときに、状態は真っ直ぐに保ち、左足は右足の真後ろに広めにおき、体重は両足均等にのせ、両膝を十分に曲げて腰を下ろす。

13〜18までは連続動作。

19。

左足を軸にして、右回り、右足を北に運び、右、前屈だちになる。

右、上段ばらいそと受けを行う。左けんは、胸の前に構える。

初段と異なり、腰を北側に十分に切って、おへそはま北に向ける。

体を北に向ける力を用いて、上段そと受けを行う。

20。

南の敵の上段づきに反応して、右足を軸に、左回りで、体を北側に倒し北側にタオ、おへそは西向き。南に対して、右、後屈立ちになる。

右けんを上段に、左けんを下段に構える。

右上腕は、肩の高さに水平にして、傾けた体と、左腕と左の太ももは平行になるようにする。

左右、両方の構えは、受けでも攻撃でも対応できるようにしておく。

21。

左足を右足に引き寄せ、おへおを南西に45度向け、まっすぐ結びだちで立つ。

すぐに、右足を南西の方向に一歩運び、体を真後ろ、北東に傾け、左、後屈だちになる。

左けんを上段に、右けんを下段に構える。

ヤメ。

右足を引き寄せて、南に、八時だちになると同時に、りょうけんを大腿部ななめ前部に下ろす。

なおって。

左足、はんぽ、右足、はんぽの順に引き寄せて、結びだちになると同時に、両手指をそろえてのばす。

その場で、立礼、する。

このテキストは、1挙動ごと、耳で聞ける自主練習用の読み上げテキストです。

わかりにくい箇所は、自分の師匠に聞いてください。

2016年に作成された、空手道かた教範、基本がた、を参考にしました。

以上です。

聞くだけでできる空手の形

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる