聞くだけの公益財団法人 全日本空手道連盟 和道会の基本形

目次

公益財団法人 全日本空手道連盟 和道会の基本形を聞けるようにしてみた【稽古する順番】

全日本空手道連盟とは

公益財団法人 全日本空手道連盟(以下、全空連もしくはJKFと表記)とは、内閣府認定で、日本スポーツ協会に所属し、日本オリンピック委員会の加盟団体です。

昭和39年に、日本の空手道に統一的な秩序をもたらすことを目的に結成され、空手道が人類と社会に貢献するスポーツであるための活動を行なっています。

地域団体、学校や実業団などの競技団体、各流派など会派団体から構成されています。

長い歴史と伝統を持つ会派ごとの形があり、四大流派(糸東流、剛柔流、松涛館流、和道流)の基本形と第一、第二指定形の公式見解の本やDVDの頒布しています。

非会員でも購入することができます。

公益財団法人 全日本空手道連盟 | 日本体育協会・JOC加盟 空手競技団体
頒布品 | 公益財団法人 全日本空手道連盟
頒布品 | 公益財団法人 全日本空手道連盟

全日本空手道連盟 和道会とは

国内1350支部、海外250支部、会員約185万人、有段者18万人(1997年9月)の日本有数の規模の空手団体です。

大塚博紀開祖により創設されました。大塚先生が、神道楊心流の柔術の技術を持っていたことから、柔術の影響を受けている流派で、「捌き」「流し」「押し」「引き」「入り身」「転身」などの技法が見られるのが特徴です。攻撃を真正面からぶつかるのではなく、相手の攻撃目標から外させるたたかいかたで、攻撃を決めさせることなく、流れるような自然な動きでかわしながら、スピードある攻撃を行う。『転移・転体・転技』を意識しています。(全日本空手道連盟 和道会のホームページより)

空手って「押忍」ってみんな言うの?

私は言いません。和道の先生で、『押忍』と返事を要求されたり、『押忍』の話をされたこともありません。全日本空手道連盟の段位の審査で、自分以外の人が「押忍」と返事をしていて、焦ったことはありますが、その重圧にも負けず、一度も「押忍」と返事をしたことはありません。

耳で聞く空手の使い方

本は細かいところを確認するのに向いていますが、本を読みながらの稽古はできません。似たような立ち方があり、どちらだったのか耳で確認しながら、1人で稽古ができるように作りました。

耳から聞きながら稽古をしたい人に届きますよーに。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる