投資の基本【インデックスファンドとアクティブファンド】

目次

インデックスファンドとアクティブファンドとは

投資信託はアクティブファンドとインデックスファンドの2種類に分類することができます。まずインデックスファンドは、日経平均株価やTOPIXといった指数に連動するように設計された投資信託です。一方、指数を上回る、または指数に捉われずにリターンの獲得を目指す投資信託がアクティブファンドです。

引用元/三井住友DS投信直販ネットより

インデックスファンドとアクティブファンドの手数料

指数に連動するインデックスファンドの手数料は低く、指数を上回るアクティブファンドの手数料は高いのが一般的な特徴です。

インデックスファンドの特徴

市場と同じ構成銘柄にしてコストを抑えて、市場の平均リターンを求める投資のやり方です。

アクティブファンドの特徴

ファンドマネージャーと言われる運用のプロが調査や分析の投資判断をしてから、組み入れる銘柄を決めています。運用会社の腕の見せ所です。

まとめ〜インデックスファンドとアクティブファンド

インデックスファンドとアクティブファンドのどちらのファンドにするかは、投資家自身の考え方によります。

ファンドマネージャーの考え方を理解して共感できるか、自分の望む資金が貯まるか、投資の考えと選んだファンドは同じか、高いリターンと高いリスクを受け入れる覚悟はあるか、などで選んでいきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる